こまざき美紀 こまざき美紀

こんにちは、こまざき美紀です

任期中の4年間、区民の皆さんからいただいたご相談は850件以上、お声にじっくりと耳を傾けてきました。

それによって、たくさんの区民の暮らしに直結した小さな改革・改善を行うことができました。

しかし、「このままではいけない」と強く感じるようになってきたことも、また事実です。

多くの北区民の皆さんが、生きづらさやしんどさを抱えています。
北区が変われば、もっともっとたくさんの人たちの力になれるのに。


そんな思いで2023年4月
北区長選挙に挑戦しましたが、結果は次点惜敗。

「辛い」
「もう諦めよう」
とも思いました。

しかし、落選後の今でも区民の方々から声が届いて止みません。


「やっぱり皆さんの声を形にしていくことが、私の役割だ」
と、また政治に挑戦することを決意。


子育て当事者として活動してきた私は、この間、介護の資格を取得し、高齢者福祉施設でも勤務を経験しました。

私は、変えたい。
今の北区を。
もっともっと優しくて、心躍る北区に。


私には、15年の行政経験があります。
私には、応援してくれる、ママ友パパ友、地域の商店街の方々、高齢者の方々がいます。

皆さんと手をつなぎ、あらたな東京・北区を創っていきます。

どうか皆さん、私に想いを託してください。
街の風景

これからやりたいこと

あたらしい北区を、あなたと。
こまざき美紀の5つの方針と30の政策

誰も孤独にさせない、
おせっかいな東京・北区

  • 人生100年時代、いくつになっても「自分らしく暮らせる」サポートを充実
  • 障がい者が親亡き後も安心して北区で暮らせるグループホームの増設
  • 「「ひとり親のみかた」宣言!無料法律相談や養育費の立替・安価な預かりで徹底支援

01

誰も孤独にさせない、おせっかいな東京・北区

優しくてふところ深いまち、
よりそい東京・北区

  • 物価高騰で傷んだ地域経済と家計を癒す!経済対策の実行
  • 高い高齢化率だからこそ、高齢者福祉のナンバーワンを目指す!特別養護老人ホーム・グループホームの整備を
  • 楽しんで体を動かせる介護予防施策の実施

02

優しくてふところ深いまち、よりそい東京・北区

安心できるまち、
どっしり東京・北区

  • 災害時に凶器となる電柱を地下に移す「無電柱化」推進
  • 災害時も生活継続できるマンション防災の推進
  • 北区中の公園の「汚い・暗い・怖いトイレ」と「水の無い噴水」をリニューアル

03

安心できるまち、どっしり東京・北区

ぬくもりある未来、
わくわく東京・北区

  • 我らが「日本経済の父」渋沢栄一にあやかり「新しいことを始める・起業するなら北区!」政策を進める
  • 介護・保育士・学童職員等エッセンシャルワーカーの処遇改善
  • 荒川でBBQしてテントサウナで整う!水辺を誰もが楽しめる遊び場に

04

ぬくもりある未来、わくわく東京・北区

こどもがまんなか!
ニコニコ東京・北区

  • 都立・私立高校の実質無償化
  • いじめ問題や不登校の子どもたちを徹底サポート
  • 子どもの貧困・児童虐待に対して、アウトリーチ(訪問支援)を充実

05

こどもがまんなか!ニコニコ東京・北区
続けて30の政策を見る

実現できたこと

条例施行2022年10月から

赤羽一番街の客引き問題

  • ・客引きに客を取られて売り上げが減ってしまう。(飲食店)
  • ・ついて行ったらぼったくりにあいました。(お客)
  • ・客引きの喫煙、ポイ捨てが目につきます。(地域の方)

実現

  • ① 客引き警告看板の設置
  • ② 客引き注意喚起アナウンスの放送
  • ③ 青色防犯パトロールによる巡回指導
  • ④ 客引き防止等の迷惑防止例の制定 (2022年10月から取り締まり効力発生)

2019年11月から

ファミサポ改革(行政版ベビーシッター)

  • サポート会員と子供が「1対1」ではなくてはならないため、兄弟がいると人数分のサポート会員を探さなければならず利用が難しいです。(利用者)

実現

  • ① 「1対1」ルールを見直し、きょうだいも預けられるように
  • ② きょうだい預かりの場合、お子さん2人目以降半額の適用

2022年度内

安心して教育を受ける環境を!
学校女子トイレに生理用品設置

  • 5人に1人の若者が「金銭理由で生理用品を買うのに苦労した (某調査結果)
  • ・父親に「生理用品を買って欲しい」と言えなかった
  • ・休み時間が短く交換できないことがある。(児童)

実現

  • 全ての区立小・中学校の女子トイレに生理用品設置

2021年11月18日実施

王子駅周辺 音響式信号機の音量改善・時間延長

  • ・音がほとんど聞こえず命の危険を感じる
  • ・20時以降は音が鳴らなくて困る (視覚障害者)

実現

  • ① 車両の騒音があっても音響式信号機の音が聞こえるように改善
  • ② 22時まで音響式信号機の音が鳴るように改善

2020年4月から

小学校の学童クラブ待機ゼロへ!

  • ・学童にも待機があると聞いて驚いている。
  • ・学童に入れず、子どもを留守番させるのが心配。(保護者)

実現

  • ① 学童の増設
  • ② 待機学童を対象に放課後子どもクラブ(わくわく広場)の利用時間の延長

2021年5月実施

十条の南大橋をアスファルトで滑りにくく!

  • 歩道が雨で濡れると滑りやすく、転倒したことがあります。危険なので迂回しています。(地域の方)

実現

  • 歩道部分を滑りやすいタイルからアスファルト塗装へ補修

2021年7月の校長会で周知

重すぎるランドセル

  • ノートパソコンの持ち帰りもあり肩や腰が痛いです。(小・中学生)。

実現

  • ① 小・中学校の置き勉の周知徹底
  • ② リュックでの登下校が選択できる環境の整備入学案内のプリントにも記載が始まっています

2021年9月実施

区立小学校の標準服問題

  • 標準服(制服)は「特別な事情がある場合はリラックスかスカートの選択可」となっていて、選択した際に暴露となるのではないか?イジメの原因にもなり兼ねません。(保護者)

実現

  • 「特別な理由」がなくても自由に選べるようにプリント等で男女の記載を削除

2020年4月から

学童クラブ・わくわく広場 長期休暇時、北区主導による宅配弁当の導入

  • ・体調が悪い時、業務多忙な時に選択肢があると助かる
  • ・保護者有志だと導入が難しい

実現

  • 区主導による宅配弁当の導入が実現
    2023年夏休みから

2022年4月から

北区でも同性カップルを家族として認める制度の導入を

  • ・家族とみなされず、入院の付き添いも認められないことがある。
  • ・賃貸マンションをなかなか借りることができない (当事者の方)

実現

  • 保育園の入園申請や区営住宅の入居等が可能となる「パートナーシップ宣誓制度」

2020年4月から

双子、三つ子等の多胎児家庭への支援

  • ・それぞれの夜泣きを対応していたら15時間が経っていた。
  • ・この日がいつまで続くのかと毎日落ち込んでいた。(多胎児保護者)

実現

  • ①多胎児の安心ママパパヘルパーの利用期間などの拡充
  • ② 東京都のベビーシッター事業の導入

2022年3月20日実施

神谷高架下が暗くて危ない問題、LED照明を設置

  • ・怖くて子供が通れない
  • ・過去には自転車と歩行者の衝突事故、ひったくりなどがあった (近隣の方)

実現

  • 2ヶ所にLED照明を設置
実績一覧

こまざき美紀のこと

プロフィール

こまざき美紀

  • 1979年生まれ 福島県郡山市出身
  • 福島県立安積女子高等学校卒業
  • 福島大学教育学部 中学校教員養成課程理科 卒業
  • 東京都北区赤羽在住
  • 2018年 戸田市役所退職
  • 2019年 北区議会議員 トップ当選
  • 2023年 
    • 北区長選挙 41,095票を賜るも次点惜敗
    • 介護の資格を取得 非常勤にて業務に携わる
プロフィール詳細はこちら

応援メッセージ

埼玉県 戸田市長

菅原文仁 (元上司)

駒崎美紀さんは、戸田市の職員として市民協働のまちづくりや障害者福祉、税務や公共調達など様々な分野で誠実に職責を全うしてきました。15年におよぶ行政経験は、区議としての実行力となり、様々な政策実現へと結びついています。

勉強熱心な政策通というだけでなく、困っている人がいると放っておけない優しさと、どんな困難にも全力で立ち向かう情熱を持ち合わせた若手女性リーダーです。

若さと行動力があり、政治・行政・民間の経験がある駒崎さんだからこそ、北区と東京都の架け橋となり、区民の皆様の幸せを実現できると私は確信しております。

区民を最優先に考え、先頭に立って北区の未来を切り拓く駒崎美紀さんに、皆様の熱いご期待をお寄せください。私も心から応援しています。