「認定NPO法人フローレンス」で、はたらく  ~3週間たってのレポート~

15年の公務員生活から、地域課題を事業で解決するNPOで働き始め、3週間が過ぎました。

何もかもが新しく、毎日が刺激的
目からうろこの、学びの日々です。

そんな私が選ぶ
「ココがすごいぞ、フローレンス」

 

【その1】

仕事だけではない。
あちこちで自己実現できる職場。

職員が昼休み、自主的・自発的に活動している。

まず参加したのが
「学びの哲学」
勉強会。

ランチタイムに行われる、読んだ本の学びのシェア会です。

自分では読むことのない本について学ぶことができました。

また開催するそうです

そして、「アニソンを歌うランチ会」

アニソンよく知らないけど、まずは参加

選曲は、エバンゲリオン、タッチ、北斗の拳

その他、早起き部、昼休みにバンドの練習、○○について語る会、オフィス内でピザパーティなどなど、とにかくいろいろあって、いろんな自分を開花できる場がたくさん

 

【その2】

多様な人々による、多様な働き方が実現できる職場

年齢、性別、障害の有無、ライフステージ、ひとそれぞれ、環境が異なります。

そのそれぞれに合わせて、無理なく、働き方を当たり前に変えることができる。

例えば、電車が混んでいるから、明日は15分勤務をずらそう。

午前中は在宅で、午後はWi-Fi環境のあるカフェで。

会議があっても大丈夫!
遠隔で参加できちゃう。

ありがたやー。

何か家庭であれば、当たり前に早く帰る。

いろいろな働き方が認められているからこそ、へんなプレッシャーやストレスがグッと減ります。

 

【その3】

仕事に無駄がなくスピーディ。
ペーパーレス。

さまざまな電子ツールがあって、それを使いこなしながら、じゃんじゃん進んでいく。

 

【その4】

職員の意識の高さ

主に子育て課題の解決に向け、一丸となって取り組む団体ではありますが、職員個々が意識が高く、プライベートにおいても問題意識をもって過ごしているところ。

とはいえ、いくつものツールを使用しながらの仕事は、まだ慣れずにやっとですが、自分にできることを一生懸命やっていこうと思います。

そして、必ず、今後の北区での活動に生かしていきます

最後になりますが

国家公務員が公益的活動を目的とした兼業がOKになるなんて、なんて素晴らしいことだろう。

NPOで働けるんだ

退職せずに新しい世界を見て学んで、今後の公務員生活に生かせるなんて、羨ましいぞ

私が公務員時代にその制度があったなら、絶対チャレンジしてた…

私、辞めちゃったじゃないか(^◇^;)(冗談)

というわけで、

国家公務員の皆さん、フローレンスへ
レッツエントリー!!

・・・・・・・・・・・・・・・

【参考】

国家公務員の兼業、政府が容認へ 公益活動に限定
(6月14日 日経新聞イブニングスクープより)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3176532014062018MM8000/