北区政に挑戦する覚悟を決めました。

思ってもみなかったことですが

実は、来年4月に行われる統一地方選を見据えて、北区政に挑戦する覚悟を決めました。

少し長文ですが、私の想いを語らせてください。

 

私は、福島の実家を離れ、北区で2児を育てていくなかで、いろいろな問題に直面しました。

自らが産後うつぎみになり、一時期、子どもが可愛いと思えなくなったこと。

保育園の保護者の手作り製作物が負担が大きいこと。

保育園で使用済みおむつの持ち帰りがあったこと。

通学路のそばの喫煙所による子どもの受動喫煙で困っていること。

娘の小学校で待機学童問題があったこと。

こんな「困った」に遭遇するたび、みんなの力を借りて

保育園に協力してもらって手作り製作物をやめてもらったり、

コンビニの店長さんに頼んで喫煙所を撤廃してもらったり、

署名を集めて区議会に提出して学童を増やす後押しとなったり、

自分なりに精いっぱいチャレンジして、ちょっとだけ地域を変えられることがありました。

それは嬉しかったです。

でも、なかなか変えられないことがその10倍くらいあって。

このままじゃ、これから子育てするママたちが、自分と同じような苦労をまたしちゃう・・・!

そんなとき、思ったのです。

地域を良くする活動を「一区民」としてではなく「区議」としてすれば、もっと行政の背中を押して、もっと早く問題が解決できるのではないか。

15年間の行政経験とその後NPOに勤務した経験を生かせるかも。

声にできない子どもたちやママ・パパの声を届け、地域を良くしていけるかもしれない。

すごく悩んで、何日も何日も、自問自答を繰り返しました。 

「地盤も看板もカバンも何もない、私のような普通のママが選挙で戦えるのか?」

「子どもたちは大丈夫か?」

頭を締め付けるような頭痛が止まらない状況になるくらい悩んで、そして決意しました。

最初に夫に話したら、しばらく口をパクパクさせて息が吸えない、みたいになっていました。

ショックだったようです。

正直、不安がないと言ったら嘘になります。

毎日不安で押しつぶされそうです。

でも、やっぱり挑戦したい。 

笑顔で子育てできる地域に、可愛い子どもたちが、思いっきり笑って生きられる街にしたい。

そう思ったんです。

無謀な挑戦かもしれませんが、

応援してもらえたら嬉しいです。

力を貸してください。