想いをのせたスタッフジャンパー

私の駅頭活動で
ボランティアの方が着用しているピンクのジャンパー。

よく見ると胸の部分と、
背面に可愛いプリントがあるんです✨

その
「I♡北区」
のデザインをアレンジしてくれたのが
友人の橋本 くるみさん。

3児の母でありながらも
仕事も、育児も、NPOの活動も
パワフルにこなす👀✨

とびっきり元気な女性で、
尊敬するママ仲間の一人です☺️

そんな彼女が、デザインへの想いを綴ってくれましたのでご紹介します。

本当に、嬉しくて涙が出ました。
何度も何度も読み返しました。

残念ですが
「政治」って言うだけで
「区政を志す」って言うだけで
敬遠する方もいる。

でも、そうじゃないよね。

すごく身近で
くるみちゃんの言うように、
「実はすごく単純なこと」
だと思います。

「みんなで力を合わせれば
きっと社会は変えていける」

皆さん、ぜひご一読ください‼️

ジャンパーは、大切に大切に、
ボロボロになるまで使用させていただきます。

くるみちゃんの想いを身にまとって
頑張ります‼️💪

くるみちゃん、
ありがとうございました✨✨

(デザインのプリントは、刺繍の名店、
北区赤羽の小鮒ネーム刺繍店さん
https://www.kobuna-name.com/
にお願いしました。)

—-

“ I ♡北区 ”

の ♡ の場所に入れてもらったこのデザインは、
フキダシと雲をイメージしています。

「ひとりひとりの想いがしっかりと声になり、
雲のように遠くまで届けることができればいいな」

という気持ちを込めて作りました。

このたび、
お友達のみっきーが区政にチャレンジするということで

今まで遠かった「政治」との距離が縮まったように思います。

政治は、社会のしくみやルールをつくること。

社会で生活をするわたしたちにとって政治は無関係ではないと頭では理解しているものの

どんなふうに関わっていけばいいのかがわかりませんでした。

でも
少しだけ政治が身近になった今考えると

実はすごく単純なことで
普段の生活で不安に思うことや
ちょっとした理想を

「言葉にして伝えてみる」

ということなのではないかと思いました。

「こんなことに困っている」

「こんなルールはおかしいと思う」

「こんな社会になったらいいな」

まずは身近なことから少しずつ気付く感覚を身に付けて

そして言葉に出せるようにしていけたらいいなと思います。

みんなで力を合わせればきっと社会は変えていけます。

そのためには、
まずは自分の願いをしっかりと言葉にすること。

そして、その声を拾って、
しかるべき場所へ届けてくれる人に伝えることが大切です。

これまでもたくさんの人たちのために行動してきたみっきーなら

その役割を果たしてくれるはずです。