涙の卒園。

息子が1歳から登園した保育園を
卒園しました。

振り返ると在園中、
息子は、肺炎や喘息で入院もしました。

夜中に救急車で運ばれたこともあるし
喘息気味だったので一度風邪をひくと
咳と喘鳴で1週間は保育園に通えませんでした。

「仕事を諦めなくてはならないのか?」

と何度も悩みました。

そんなとき
保育園の先生、友人、病児保育など
さまざまな方に支えていただき
なんとか卒園までたどり着きました。

そんな病弱だった息子も
いまでは元気いっぱい、
そうそう風邪も引かない
やんちゃな男の子に成長してくれました☺️

息子の通う保育園の園長先生は
毎朝正門に立ち
挨拶をし
ちょっとした相談に乗ってくださいました。

また、指定管理(民間導入)になって
私が父母の会会長となった際に、
私たち保護者の声に耳を傾け
たくさんの保護者の負担を軽減してくださいました。

たとえば
写真のデータでの購入を可能に、
運動会の土日開催、
お昼寝コットの導入、
布団カバーなどの保護者の手作り製作物の廃止による負担軽減など

保護者の声を聞くだけでなく
実際に行動に移してくださったのも
この保育園の先生方だからこそだと思います。

そしてまた、
子どもたち一人一人に丁寧に向き合ってくださいました。

喧嘩をしても
一方的に怒るのではなく
理由を聞き、子どもどうして話し合いの場を設けていました。

それに、息子は
よく保育園の先生方の話をしてくれました。

「●●先生は、とっても優しくて可愛いから、肩をトントンしてあげるんだ」
と。

さらに素敵なママ・パパ仲間ができました。

悩みを分かち合い、
一緒に子どもたちと遊び
ママ会も楽しかったです。

卒園式で涙が止まらなかったのは

息子の成長と共に
保育園の先生や仲間と苦楽を共にし

私自身も試行錯誤しながら

母親として少しずつ成長してこれたからなのかなと思います。

保育園生活で出会った先生方

息子のお友達、ママ・パパ仲間は
かけがえのない宝物です。

息子たちが小学生になって辛いこと、
楽しいこと、悲しいことがあったとき

また帰ってこられる居場所として
保育園があることを有難く思っています。

先生方、
沢山の愛情をもって子どもたちを育んでくださり

ありがとうございました。