北区立稲田小の通学路、赤羽公園そばの事故多発交差点近くに巻き付け看板、そしてグリーンベルトが新設!

東京都北区赤羽南、赤羽公園近辺の交差点付近において、なんと1日に2回も自転車と車の接触事故が起きたことがあるとのことで、なんとかならないか?ご相談を受けました。

 

自転車も車もスピードを落とさない方が多く、一時停止をされない方もおられ、事故や事故未遂が多いとのことなのです。

 

ここは、北区立稲田小学校の通学路でもあるので、子どもたちも通行します。
また、赤羽公園や赤羽保育園も近くにありますので、子連れの自転車等も通行します。

 

自動車や自転車が速度を落とし、一時停止してくれるように、看板等設置して、抑止力になればというご提案をいただきました。

 

私も現地を確認したところ、細い道ですが、自転車の交通量が多いようでした。

 

近隣の商店にもお話を伺ったところ、確かに事故が多く、不安に思われていらっしゃいまいました。

 

早速担当課に相談し、現場確認の上、検討していただいたところ

①電柱への「スピード落とせ」の巻き付け看板設置
②道路への「止まれ」表示を設置
③緑色の舗装「グリーンベルト」を新設

の3点を講じていただきました!

このグリーンベルトとは、
グリーンベルトとは、運転者に児童が通行する道路だと分かるようにするための緑色のカラ
ー舗装で、自動車運転者等に対して注意を促すための安全対策なのだそうです。

これで少しでも事故が減り
通行する方の命を、安全を守れたら良いなと思います。

これからも区民の皆様の声に耳を傾け
しっかりと現場を見て、改善に向け動いていきます。

担当課の職員の皆様、ご対応をありがとうございました。