東京都北区民の方へ 新型コロナウイルス感染の症状がある場合の流れ〜 まずは近所の医師に相談を!

最近は北区内でも、新型コロナに罹患された方が増えてきています。
http://www.city.kita.tokyo.jp/hokenyobo/corona/kansenjyokyo.html

 

区内施設や学童クラブの職員、北区議会など身近なところで感染があり
いよいよ身近に差し迫ってきた感があります。

 

そんな中の出来事。

 

先日、北区民で罹患の疑いがある方が
体調の悪い中
”あちこち電話をかけ、同じような内容を伝えなければならない”
というたらい回しにあったとの情報を知りました。

 

詳しくお話を伺ってみると

どこに電話して良いかわからず
検索したところ

「新型コロナコールセンター」
(東京都福祉保健局)がヒットし
こちらへ相談。

ここで、ひまわりという施設に電話するように、もし断られたら消防署へとご案内されたとのこと。

そして
「東京都保健医療情報センターひまわり」へ電話。

ところが、ひまわりは何度かけても繋がらなかったそうです。

 

そこで、体調が悪い中、
北区役所の2つの部署へ電話相談し、同じことを何度も説明せざるをえなかったとのこと。

 

結局
「近くの医者(かかりつけ医)に見てもらい、必要ならPCR検査を受ける」

というのが結論で
近くの病院に電話して受け入れ確認の上、受診し、PCR検査を受けられたそうです。

 

このことから、罹患の疑いがある際に、検索しても情報の近道が見つけにくい状況を知り

担当課長に北区ホームページのトップページに受診の流れについて分かりやすく掲載するよう依頼し、早速対応してもらいました。

 

なお、「近くの病院(かかりつけ医)ならば、どこでも受診可能か?」
というご質問を受けましたが

基本的に、医師会に所属している病院ではご相談をお受けできると確認しました。

 

しかし、中には対応が難しい病院もあるため、予めお電話の上受診し、PCR 検査等についてご相談されてください。

 

皆様、引き続き、手洗いうがい、3密を避けた生活で、感染予防をお願いいたします。

 

区の担当課の皆様、
迅速なご対応をありがとうございました。

 

🏠北区ホームページ

http://www.city.kita.tokyo.jp/hokenyobo/corona-utagai.html