東京都 飲食店等の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1/8~2/7実施分)1店舗186万円

昨日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が再発令されました。

 

報道にもありましたが、飲食店の営業時間短縮が強化されることに伴い、要請に全面的にご協力いただける中小の飲食事業者等に対し、協力金が支給されるとのことです。


今回の緊急事態宣言では、特に飲食店の皆様には大きなご負担がかかり、継続して厳しい状況です。

協力金が給付されますが、先が見えない中で、ご不安も大きいと思います。

 

飲食店の時短に関連して影響を受ける他の業種の方からもご相談をお受けしており、私にできることをして参ります。

 

何とかこの難局を乗り越えて行くためには、一人一人が感染予防に気をつけていくしかありません。

 

テレワーク推進、マスク着用、ディスタンス、手洗いうがい、さらに気を引き締めて行きましょう。

 

・・・概要・・・

 

1 支給額

 

一店舗当たり186万円:
1/8から2/7までの間、全面協力の場合(31日間)

 

※時短に向け準備等が必要な場合
1/12から2/7までの間、全面的に協力いただいた場合(27日間) :
一店舗当たり162万円

2 主な対象要件 ①-③すべて

 

①「東京都における緊急事態措置等」により、営業時間短縮の要請を受けた都内全域の飲食店等において

a朝5時から夜20時までの間に営業時間を短縮

b酒類の提供は11時から19時までに短縮

 

②対象期間において、営業時間の短縮に全面協力

 

③ガイドラインを遵守し「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示

 

3 申請受付

 

決定次第、東京都ホームページにて公表

 

※令和2年12月18日からの営業時間短縮要請に係る協力金とは、別途申請受付予定

 

 

4 問い合わせ

 

東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター

(旧:東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター)

 

📞03-5388-0567
9時〜19時まで毎日

 

◆詳細は東京都産業労働局ホームページ
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/attention/2021/0107_14118.html