東京都北区 新型コロナによる生活困窮者へ自立支援金を支給‼︎

新型コロナの影響が長期化し、人々の生活に大きな影響を与えています。

 

私自身も、子ども食堂のお手伝いをしたり、日々街の声を聞いたりする中で、生活困窮に関するご相談も受けています。


そんな中、国の事業として「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の概要が示されました。

 

この支援金は、特例貸付(※)が終了した生活困窮世帯等に対し、途切れない支援と円滑な生活保護の受給へ繋げるため

国が3ヶ月間、対象世帯に応じた額の支援金を給付するものです。

なお、主な要件に該当する方には、北区から事前にご案内が送付されることとなっており、北区対象世帯は、最大2,300を見込んでいるとのことです。

 

(※)特例貸付とは、緊急小口資金・総合支援資金で、新型コロナにより、休業・失業等により収入が減少し、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付となっています。👇

https://www.city.kita.tokyo.jp/seikatsufukushi/kurashi/kurashi/covid19seikatsushikin.html

 

・・・概要・・・

 

❶支給対象世帯
A 既に総合支援資金の再貸付が終了するなど、特例貸付を利用できない世帯

 

B Aに該当した上で、以下のすべてを満たしている場合

 

・月額収入が基準額以下であること
(例:単身世帯 13.8 万円、2人世帯 19.4 万円、3人世帯 24.1 万円)

 

・預貯金が基準額以下であること
(例:単身世帯 50.4 万円、2人世帯 78 万円、3人以上世帯100 万円)

 

・求職活動又は生活保護の申請を行うこと

 

 

❷月額支給額
単身世帯6万円、2人世帯8万円、3人以上世帯10万円

 

❸支給期間
3か月間

 

❹支給方法
申請者の指定口座へ振り込み

 

❺申請方法
申請書に必要事項を記載し郵送

 

❻申請期間
7月上旬から8月31日まで

 

❼スケジュール予定

 

7月上旬:申請書等送付及び申請受付開始(原則郵送)

 

7月末~8月上旬: 振込開始

 

8月31日: 申請受付終了(支給等は継続)

 

11月末日:振込終了

—-

※この情報は、令和3年第2回定例会全員協議会(6月24日実施)の資料をもとに作成しています。

◆詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください

https://corona-support.mhlw.go.jp/shien/index.html