【お礼・開催報告】はたらくママのお話会  ~ すごろくで語ろう! ~産後から今、そして未来へ~ 0903開催 

【お礼・開催報告】はたらくママのお話会
~ すごろくで語ろう! ~産後から今、そして未来へ~ 0903開催
【主催】北区はたらくママネット

お陰様で早期に満員御礼の開催となり、ありがとうございました!

今回は、なんといっても、遊びの要素「すごろく形式」を取り入れることにより、人生のステージの、仕事、育児や地域、パートナーシップなどについてしっかり振り返り、対話するだけでなく、すごろくのワクワク感を取り入れ、楽しみながらできるワークショップを目指しました(#^.^#)

すごろくは、母となって歩んできたステージ、”復職前後”から“いま”そして“これから”へ向かい、そのそれぞれのステージにお題(テーマ)を設けました。

“すごろくで話す”で思い浮かぶのが、ライオンの番組「ごきげんよう」ですね。みなさん、世代が一緒のようで、スタッフが気を利かせて用意してくれた小道具のマイクを手にし、アドリブで、ごきげんようのテーマソングを歌わせていただきました。
(「何が出るかな?何が出るかな?、タラららら、タラララン♪」)

できるだけ和やかに、楽しげな場となるように!小道具や音響も工夫してみました。

ノリの良い参加者の手拍子と共に参加者の方に大きなさいころを振っていただきました。

あちこちでの笑い声と真剣に話す顔が入り混じった、アツく、和やかな場になったと思います。

私は全体のファシリテーターですので、ぐいぐい輪に入っていけませんでしたが、もう、皆さんの話に体がどんどん引き寄せられることと言ったら・・・

ここで、今回のワークショップの流れについて簡単に紹介します。

4つのすごろくのステージ(①復職前後、②復職前後から今、③今、④これから)があり、ステージごとに、お題がいくつかあります。中間でグループ替え、前グループで出た話のシェア(ワールドカフェ方式)を行い、まとめとして、自分のこれから(5年後)を考えるシートを作成しました。未来の姿を思い描いてから、最終的に具体的なアクションに落とし込み、カードに残し、全体シェアリングです。

 

———以下、一部、参加者の感想を紹介します

・最後のシェアリングがよかった。すごろくおもしろかったです!
・すごろくって何だろうと思いながら参加して、とても楽しく過ごしいろいろ話させてもらった。また参加したいのでよろしくお願いします。
・仕事×育児×パートナーと、たくさん話せてよかったです
・とても楽しかったです。もっとほかのコマについても話したかったです。コマの内容を知らなかったからこそ良かった気もするし、事前に知れてもいろいろ考えられて良かった気もします。
・すごろく形式だったので、初めての人とも話しやすかったです。
・すごろく形式わくわく感ありとてもよかったです。仕事育児パートナーに地域が重なるのがとてもよい!
・慣れた頃に環境が変わり新たな悩みが!だから色んな話が聞けるのすごくうれしいです。
・このような話をする場があまりない。
・すごろく面白かったです!止まらなかったコマ本当に残念!話したかった~!
・すごろくというのがとても楽しかった。新しいですね!!

 


――――――――

ありがとうございます!

すごろく形式、楽しんでもらえたようで何よりです。

すごろくは、細部の準備があり、また、テーマを考えるのも、試行錯誤しました。手間暇かかっただけに、良かったと言ってもらえて、スタッフ一同嬉しい限りです。(^o^)丿

(すごろくは、スタッフのさやっちお手製ありがとう。)

 

——————以下、とまったマス目での気づきを紹介

■育児地域関係
・こどもが小学校にあがると、地域の行事も参加する側→主催する側にシフトし、繋がりが一層広がる
・子育て世代だけでなく、シニア世代や若者など多世代ネットワークが深くなる
・働くママの環境が、地域も会社もここ10年で大きく変化している
・(こどもがいるからできなくなったのではなく、むしろ逆で)こどもがいるからこそ、地域で活動できるようになった!
・子どもが出来て地域に初めて目が向いた
・行き詰まったとき、講座で話を聞いたり、WSで話すことでの気づきが助けになった

■夫とのパートナーシップ関係
・夫がイクメンを楽しみながら周囲の理解を得てくれている
・家族全員が揃って出かけたり旅行できるのも、小学校まで。中学になればどんどんバラバラになるから、いまは家族の時間を大事にしていていいのかも?
・いまから、夫婦2人だけでの旅行先など、プレ企画を立てようと思った
・(子が小学校へあがり)自分に余裕できたことで、夫に目が向き、前より不満に感じる(好きなだけ仕事してるずるい)→徐々に仕事へ重き(時間)をシフトすることで解決出来そう
・最後に夫へありがとうと言えるのが目標
・子どものこと以外で夫婦共通の会話ネタを持つ

■仕事家庭の比重関係
・育児は自分をみつめ直すチャンス
・こどもの発言も、その言葉尻にあまりとらわれすぎないように
・欲張りだからこそ悩む
・一回しかない人生、仕事も家庭も欲張りでいいじゃん
・自分にとって大事なものを大事にしよう
・仕事家庭の両立で、私頑張ってる!と自分を褒められる
・仕事続けて良かったのは選択肢があること

―――――――――

参考になり、納得のお話ばかり。
参加者のある一言からどんどん対話が膨らみ、そこからたくさんの気づきが生れた時間でした。
私も、仕事に育児に両立に、日々もがいている母の一人として、大変励みになりました。

働くママ向けワークショップ歴は6年目と長いですが、ワークショップデザイナーの資格を取得してから初の開催となり、学校で学んだことを思い出しながら打ち合わせや企画に臨みました。

私は公務員ですが、これからも、地域における私の”はたらく”として、ママたちの元気に繋がるような場を作っていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします!

最後になりますが、お子さんを預けてまでご参加くださった皆さん、いつも応援してくれている皆さん、育児と仕事の合間を縫ってすごろく制作の細かい作業や打ち合わせ、当日も一緒に汗を流してくれる仲間たちに心から感謝したいと思います。

ありがとうございました。