新型コロナ自宅療養で外出できない方へ 東京都食料配布(配食サービス)のご案内 1月29日付

お一人暮らしでの新型コロナ感染、また家庭内感染等で外出ができず食料調達が困難な場合があります。

東京都ではそのような方のために、陽性者に対し約1週間の食料を配送するサービスを行っています。

 

しかし

「待っていてもこなかった」

「どうやったらもらえるのか?」

と言うお声もいただいています。

 

今まさに、友人やご相談をいただく区民の方々が、配食サービスを必要とされており、手続きのご案内をする中で詳細について知ることができました。

 

昨年9月にも投稿させていただきましたが、最新情報として把握した内容をお知らせいたします。

 

水と食料は生きていく上で最低限必要なものです。

 

必要な方に漏れなく届きますように。

 


 

◆申請の流れ(東京都北区の場合)

 

❶医療機関から保健所へ陽性との連絡が入ると、北区保健所からご本人・保護者へショートメッセージにて「療養のための質問票」が届く

 

(医療機関で陽性が発覚してから1日程度のタイミング)

 

ショートメッセージでの質問事項で
「食事の用意が難しい」を選択する

 

❷保健所から東京都へ申請

 

❸東京都フォローアップセンターと提携する事業者から配送

 

⚠️万が一、ショートメッセージが届かない場合は下記お電話までご連絡をお願いします。

北区保健所 健康相談センター 03-3919-4500

 

※他区については、保健所からご連絡があった際にお申し込みください

 


 

なお、食料のお届け日は、保健所から東京都の自宅療養者フォローアップセンターへ依頼があった日の翌日とのことです。

北区では、昨年9月3日時点で、保健所等から療養者へ連絡する際に、食料支援が必要かどうかの聞き取りまでは行っていないと伺いました。

 

それでは必要な方に届かないのではないか?と思い、 9月17日の健康福祉委員会においても、保健所から第一報の連絡の際には、丁寧な聞き取りを行うよう要望したところです。

 

陽性者や濃厚接触者判定が多く、大変なご家庭も多いと思います。
我が子の学校も学級閉鎖が続いています。

 

食料支援に限らず、周囲の方に頼りながら皆でこうした状況を乗り越えていけたらと思います。

 

(※添付写真は東京都福祉保健局ホームページのスクリーンショットです)

 

🟢詳細は東京都福祉保健局ホームページ
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/jitakuryoyoshafollowupcenter.html