北区議会に登壇‼︎がん検診受診率23区最下位から脱却、保育園おむつ持ち帰り廃止、小中学校の濃厚接触者対策に挑む

 

いよいよ6月10日、北区議会一般質問の登壇日です‼️

 

質問と言っても、ただ不明点を聞く場ではありません。

課題解決のためのツッコミのチャンスとして、毎回生かしています💡

個人質問は任意ですが私はこれまで全13回、一度も欠かしたことはありません。

 

そして今回も、質問作成にあたり区民の方々、専門家の皆様からお話を伺い、みっきーサポーターの皆さん等に調査のご協力をいただいています。

 

改善に向け、すでに北区に対し何度もご相談し、実現しそうな内容もありますが更に前進させたいと思っています。

 

皆さんの声を背負って、しっかり訴えて参ります☺️

ご都合つく方、ぜひ、傍聴にいらしてださい‼️

 

・・質問概要・・・

❶がん検診の受診率向上について
〜がん検診ワーストランキングからの脱却

令和2年度東京都のがん検診受診率調査によると、北区の受診率は残念ながら東京23区内で最下位レベルとなっています。

 

がん検診受診率の向上により、早期にがんを発見し治療を開始することは、区民の命と健康を守ることに直結し、北区の重要課題です。

 

この度、がん検診受診率向上のための施策23区調査や、受診率が高い自治体へのヒアリング等を行い、向上に向け3点を提案します。

 

❷ 保育園の保護者・保育士の負担軽減等について
〜脱使用済み紙おむつ持ち帰り&手ぶら登園

2019年から公立保育園で使用済みおむつの持ち帰りが廃止され、同時に私立保育園に対する処分補助制度が創設されたことから、この問題は解決されたと思っていたところ、そうではありませんでした。

 

コロナ感染症対策かつ負担軽減策として解決策を要望します。

 

❸ 小・中学校の新型コロナウイルス感染症対策について
〜給食時の濃厚接触者を激減させる取り組みの提案・マスク対策

最も濃厚接触者が大人数となるのが、陽性となったお子さんの給食時の周囲8名です。

 

しかし、ゼロに近づける取り組みが複数の学校で始まり、要望し取り組みについて周知していただいています。

 

現状、金銭的に購入費用が不足し、PTA会費で工面した学校もあることから、導入に差が出ています。

 

このことから、補正予算による早急な公費負担を求めてまいりました。

 

今回それが叶いそうです。
更なる普及のため、北区に提案します。

 

マスクについては、外したくとも外せない現状について現場対策を求め、同時にマスク着用の有無で差別や偏見に繋がらないようにしていただきます。

 

◆一般質問日時
6月10日(金)

10時から開始の最終7番目。
15時半から16時くらいの開始見込みです。

 

◆場所
北区役所第一庁舎4階
区議会事務局にて受付

 

🌸北区ホームページはこちら

https://www.city.kita.tokyo.jp/gikaijimukyoku/kuse/gikai/annai/shitsumon/r4-02.html