結婚10年目を迎えて、夫への感謝を💐

2009年5月30日に那須高原で式を挙げ、本日で10年目を迎えました

夫との出会いは、私が市役所のコミュニティ推進課という部署にいた頃に開催された、自治体職員向けNPO関係の研修会でした。夫はその時、講師の一人として参加していたのです。

その部署に配属されて初めて「社会起業家」という言葉を知りました。

同世代でありながら、地域課題に立ち向かい、また、それをビジネスとして継続できる形で運営している彼を、なんだかとてつもない存在に感じ、強烈に凄い人だなと思ったのを覚えています。

公務員も、地域社会のため「公」の仕事をしており、目的は一緒。

でも、私より彼の方が、何倍も成果を出し、人々を助けている姿を横目で見て当時は随分、自分に引け目を感じていました。

研修会が直接のきっかけではありませんが、ご縁があって結婚し、二人の子どもを授かり、お互い育児と仕事に奮闘する毎日の中、今ではもう二人きりの生活の頃は思い出せません

でも、いつも何か始めようとするとき背中を押してくれる、挑戦を心から応援してくれる存在で、有難く思っています

北区はたらくママネットの活動もそうですが、ワークショップのファシをするときは、私は、必ず自己練習をします。

そんなとき、夫は、必ず付き合ってくれてフィードバックをくれます。

何か相談すると、彼の積み上げた現場の経験と知識から的確なアドバイスもくれます。

データに強く紙に弱い(初めての手紙も読まずになくした)、お化け屋敷が大嫌い(デートの際にお化けに私を差し出した)、サプライズとか気の利いたことが一切できない(結婚記念日も忘れるタイプ)彼ですが、それも愛嬌🤣

仕事と育児と地域活動で疲れ果てていた日々、食洗機の洗剤と間違ってお茶っ葉を入れてしまった私に

「カテキン効果でキレイになるよ🌿
と温かく返してくれたり、

なにかとFBの投稿は1番に
「超いいね
を押してくれたりと、優しい夫です。

沢山の子ども達のために日々奮闘し、解決策として具体的な何かをどんどん実現してく姿に、私も日々励まされています

この節目に、日頃から私たちを応援し、支えてくださっている皆さんに感謝申し上げます。

また、これからも、おっちょこちょい駒崎ファミリーは全力で駆け抜けたいと思いますので、あたたかい応援をよろしくお願いします🤲