「子ども食堂あゆみ」の学習支援で、子ども達にどう寄り添うか?

昨日の子ども食堂は、約70名近くの沢山の皆さんにご参加いただきました

私のツイッターを見て、ボランティアに参加してくれた方も

ありがとうございます

メニューは、調理の松井さんが仕入れてくれた新鮮なお野菜が盛りだくさん

メニュー

肉じゃが

新鮮野菜スティック
(カレー風味ソース)

ニラのお味噌

今回、私は、調理班ではなく、学習支援班に。

子どもの興味や、コレやってみたい
を大切に。

子ども寄り添い、子どもの気持ちを出来るだけ生かしながら、自己肯定感を高める声がけに配慮しました。

そして、楽しい場づくりができるようにと取り組みました

「折り紙でアジサイを作りたい

と、ある女の子。

「カラフルなお花にする

ということで
アジサイの作り方を調べ、じっくり見ながら、3つほど作成

出来上がったものを、嬉しそうに眺め、その後どうしようか考えていました。

みんなに見てもらいたいと、
あれこれ一緒に考え…

「窓に飾ったら見てくれるかな
受付にも

と、

どんどん出てくるアイディアに、
それいいね
と、一緒に作業しました。

アジサイの花を嬉しそうに窓に飾る彼女をみて

“もしかしたら窓や壁に貼ってはいけないという、大人のルールがあるかも

と一瞬頭をよぎりましたが、臨機応援に対応、終わったら外せば良い、と判断しました。

大人の声がけ一つで、子どもの創意工夫を阻んだり、やる気を失わせてしまったりすることがあります。

ここには、何か家庭に課題を抱えている子がいるかもしれないと思うと、より個に応じ、より、発言やアイデアを受け入れ、褒め、認め、自己肯定感を高めるような声がけが大切だと思っています。

あゆみの学習支援では、児童福祉関係の学生ボランティアをはじめ、児童福祉に関わってきたスタッフがいます。

私自身も、ワークショップデザイナーとして学んだ場作り、保育士、教員免許、育児経験を全て駆使して、必要とする子ども達やママ・パパのため、これからも頑張ろうと思います


 

◆子ども食堂あゆみ◆

●開催日
毎月 第2・第4水曜日

●時間
17:00~20:00

●場所
東京都北区東十条6丁目5−19
社会福祉法人あゆみ 3階

●参加費
こども(高校生以下)無料
大人300円