3.11 福島出身者として、 これからも できることを。

本日で、
3.11東日本大震災からちょうど8年になります。

あれほどのショックな出来事は
未だにありません。

私の実家も被災しました。

故郷に住む友人たちも大変な思いをしました。

いまもなお、
辛い思いをしている方々もいます。

実家の家族や故郷の友人たちのことが
心配で心配で…
居ても立っても居られなかった日々のことを、8年目の今日も鮮明に覚えています。

私の福島の家族には
我が家に避難してもらい
水道、ガソリンなどの
ライフラインが整うまで同居してもらいました。

その後も、
「なにか出来ることはないか?」

東京に住む福島出身の友人と共に

福島の新聞社が募集していた
応援メッセージに応募しました。

添付の写真が、その時のものです。
まだ娘が、5ヶ月の赤ちゃんの頃でした。

新聞の投稿が実現し、
福島の友人からすぐに、
「新聞に出てたよ!ありがとう!」
と、お礼のメッセージが来ました。

あれから8年、
震災以来、ずっと続けていること。

毎年のふるさと納税。

そして、我が家は、
帰省だけでなく、旅行も福島です。

福島で観光し、
お金を使うことも大切な支援だと思っています。

これからも
微力ながら続けていきたいと思います。