初‼️ 高齢者疑似体験 おちゃのこ祭祭2019@滝野川会館

昨日は、子どもたちと
おちゃのこ祭祭に行ってきました✨

このお祭りは、
北区社会福祉協議会が主催し、

『まちづくり』に大切な出会いやネットワークづくりの場として

みんなが知り合えるような祭りをつくっていこうという目的のもと

企画から準備、運営までを参加する団体や個人が担う手作りのイベントなのだそうです

私も張り切って行ったのですが
会場を間違えて滝野川体育館へ

うっかり母です

滝野川体育館で少し遊んでから
気を取り直して滝野川会館へ向かいました。

おちゃのこ祭祭では、
沢山の展示や出店がある中で

少しでも応援になるようにと
障害者福祉施設の方々が作ってくださったお菓子を大量に購入✨

どれも本当に美味しい

物品販売だけでなく、ステージや、防災や子ども食堂の展示、体験コーナーがとても充実していました。

私は
「高齢者疑似体験 うらしま太郎」
というコーナーで体験してみました。

体の関節を動きにくくし
足やお腹、腕などに重りをつけ
視界が悪くなる眼鏡
更には
肌の感覚が分からないように手袋二枚重ね

階段の上り降りも足が上がらなくて
大変

お財布から小銭を取り出すのもなかなか出来ない…

これでは、自動販売機にコインを入れるのも一苦労です。

こんな状態ならば
高齢の方だけでの暮らし
お一人暮らしがとても心配になりました。

こどもたちは、
車椅子の体験コーナーにて
車いすでの移動の大変さを知りました。

ですので、これからは、
そういう新たな視点で見ることが出来るし、段差にも気づくと思います。

おちゃのこ祭祭での体験を通して
独居老人はじめ、
高齢者だけの世帯への支援について
考えるきっかけとなりました。

これから、
いろいろと勉強していきたいと思います。

団体の皆様、
素敵な企画をありがとうございました✨