北区としてのコロナウイルス対応について  (2/28 14:40付)

お問い合わせが多いので、
今知り得る範囲で情報をお伝えします。

 

北区では、本日9時から危機対策本部会議を開催したそうです。

 

送付される国や都からの通知に基づき、午後から主に教育部署による会議にて、休校による学童、放課後子ども教室、その他の扱いについて協議中です。

 

夕方には周知できるようにしたい、とのことでした。

 

なお、私は先ほど午前中のに行われた「文教子ども委員会」にて、主に2点を要望しました。

 

①報道では、保育園と学童は通常通り行うという情報があるが、わくわく広場(放課後子ども教室)について、短時間勤務の方のお子さんが数多く利用しているため、策を講じる必要がある。

 

お子さんたちの無理な留守番や親御さんが仕事を休むことで解雇される可能性もあるため検討してほしい。

 

また、学童クラブの特例利用(学童には、諸事情により入れなかったが、親の就労などがあり、特例的に、放課後子どもクラブを長い時間利用できるもの)のお子さんにも配慮が必要。

 

②児童館や図書館などの居場所を子どもたちに完全に解放しないことは、行き場をなくす子がいるため、配慮が必要である。

 

これらに対し、おっしゃる通りです
というご答弁がありました。

今お伝えできるのは、ここまでです。

また、最新の情報が入りましたらお伝えします。

◆北区ホームページ
https://www.city.kita.tokyo.jp/k-shidou/kosodate/shogakko/typhoon/korona.html