新型コロナウイルス   北区立小中高等学校等の対応が決まりました。

区立小・中学校は、3月2日(月)から実質、春休み終了まで休校となります。

 

北区のポイントは、小学生と小・中学校特別支援学級のお子さんに関しては、学年に関わらず、保護者等の状況により、どうしても必要なお子さんは、登校可能ということです。

(区統一の確認取れました)

 

放課後子ども教室(わくわく広場)では、短時間労働の方や学童クラブ特例利用の方(親が就労等しているが諸事情で学童に入れなかった方への放課後子ども教室利用)にも配慮され

必要なお子さんの居場所がきちんと確保できていることに感謝します。

 

それがなければ、お子さんだけの無理な留守番は大変不安ですし、短時間労働の方も1ヶ月もお休みしたら解雇される可能性もあります。

 

更には先生が課題に取り組ませてくださる配慮もいただきました。

 

詳細は下記をご覧ください。

 

安倍総理会見の日から
訴え続けた声が届いたかなぁ…と
ホッとして、涙が出そうです。

 

区の職員さんは、この件を私たちと同じように、報道で初めて知ったそうです。

 

昨夜から今も、ご尽力くださっています。

 

私は、様々なケースを考えながらの最善を考えてくださったと思っています。
ありがとうございました。
・・・・・・・

👧幼稚園・こども園🧒
幼稚園・こども園は、平常どおり
ただし、できる限り登園を控え、家庭での保育の協力を。

 

🏫小学校
必要なお子さんは学校にて課題に取り組ませる。
昼食持参。

 

🏫学童
学校の通常日と同様に実施。
通下校時刻になったら、学童へ。

 

🏫放課後子ども教室
必要なお子さんへ15時から開室。

 

🏫小・中学校特別支援学級
必要なお子さんは、学校にて課題に取り組ませる。昼食持参。

 

👨‍🏫卒業式及び園の修了式

・予定された日程で実施。保護者、来賓、区派遣者は参加せずに、教職員及び卒業生のみで実施。

・幼稚園・こども園については、幼児の発達段階を考慮し、保護者の参加可能。

 

◆詳細は北区ホームページ
http://www.city.kita.tokyo.jp/k-shidou/rinji-kyuko.html