東京都北区赤羽 地域の子どもたちのために。子ども食堂も開催「赤羽中央食堂」

地元赤羽小学校のすぐそば、赤羽中央商店街の一角に赤羽中央食堂がオープンしました。

 

相川さんと多川さんの
「地域の働くママのために食を通じて何か貢献したい」
という想いと

地域のママたちの
「この食堂を一緒に育てていきたい」
という想いがいっぱいの
あたたかな食堂です🍚

相川さん多川さんと、地元小学校のママたちが数ヶ月前からお弁当などについてヒアリングを重ねてきました。

そして、給食がない期間は、試行的に子ども達のお弁当の販売を行ってくれました。

 

赤羽中央食堂で用いられるのが
富山県氷見市の放牧豚。
これが本当に美味しいのです✨
お弁当にもこの豚が使用されており、
子どもたちが羨ましいくらいでした。

 

その後6月7日、新型コロナのため小規模ではありましたが、心温まるお披露目会が開催されました。

お披露目会では、この放牧豚を用いた
ローストポーク、トンカツ、すき煮などが提供され、
私も微力ながらお手伝いをさせていただきました😊

開設前から地域としっかり手を繋いできた赤羽中央食堂。

日中は、子ども食堂も実施予定とのこと。

 

我が子も、赤羽中央食堂をたくさん利用すると思います。

子どもたちの居場所にもなるであろう「赤羽中央食堂」をこれからも応援したいと思います‼️

 

そして、赤羽中央食堂は、今後、新型コロナウイルス の社会情勢を見ながら、本格スタートする予定です💡

 

それに伴い、近々スタッフを募集するそうなので、その際はまたお知らせいたします‼️

 

少し地域で働いてみたい、子どもに関わる仕事がしたいという方、しばらくお待ちください😊