9月も北区議会に登壇‼️ぜひ傍聴へ。「性教育」と「多胎児家庭等支援」について訴えます

今月の議会も
こまざき美紀は登壇します‼️

 

今回のテーマは、大きく二つ。

①幼児期からの性教育について
②多胎児家庭等支援について

です。

 

一つ目は、コロナ禍で一層その必要性を増している性教育について。

 

春の臨時休校時に、中高生の望まない妊娠相談件数が急増しました。

 

また、コロナ禍で保育園休園の際、シッターの小児わいせつ事件もありました。

 

国でも様々な政策が検討されていますが
自治体レベルでできることがあります。

 

子どもたちが命の大切さを始め、自分の体について学び、正しい知識を得ることは、幼児期から必要なことだと思います。

 

幼児でも水着で隠れるプライベートは知らない人に見せたり触らせたりしてはならない場所。
誰かに触られたら、助けを呼びましょうということを教えていかなくてはなりません。

 

保育園から中学校まで各段階での性教育について提案していきます。

 

大きく2つ目は
私自身、昨年の北区議会や今年3月の予算特別委員会で取り上げている「多胎児家庭等支援」についてです。

 

多胎の妊娠・出産は、ハイリスクで赤ちゃんが低体重になりやすく、新生児集中治療室に入ることも珍しくないこと。

 

産後は外出困難になり
大変孤立しやすい状況であること

虐待死事件の発生率は、単胎家庭の2.5~4倍であることなど、
多胎の妊娠・出産、育児は、多大なリスクや負担があります💦

しかし北区の支援は、親同士の交流会の「ツインズイン北区」のみです。

 

北区でも検討中と思いますが、他区ではまた多胎児の虐待死事件が起きてしまいました。

 

個人の問題ではなく、社会問題として自治体の支援が必要です。

諦めず粘り強く、訴えて参ります。

 

◆一般質問日時
9月15日(火)
10時から開始の3番目。
11時くらいの出番見込みです。

 

◆場所
北区役所第一庁舎4階
区議会事務局にて受付

 

🏠詳細は北区ホームページから
http://www.city.kita.tokyo.jp/gikaijimukyoku/kuse/gikai/annai/shitsumon/r2-03.html