区議会での訴えにより東京都北区立小学校「算数セットの備品化」が一歩ずつ実現‼︎

令和元年第3回定例会(9月議会)で訴えた
小学校の保護者負担の軽減等について

 

保護者の方らのお声もあり
「昔からのその方法って本当に必要?」と疑問を持った事項を2つに絞って区議会で訴えました。
https://komazakimiki.jp/3055/

 

北区立小学校35校に様々な運用についてアンケートをとり
その中で、改善が図れそうなものを2点に絞り 議会でツッコミました。

 

そのうちの一つが主に小学1・2年生で使用する「算数セット」についてです。

 

区議会での訴えの後、担当課が校長会にて、私の提言について周知してくださり、進展があったので報告します。

 

算数セットとは、時計、おはじき、カード、ブロックなどが入っている1つの箱です。

 

入学すると、シールに名前を書き、その一つ一つに名前を書いたシールをピンセットなどで貼り、それを子どもたちが持参します。

 

1セット約3,000円。
しかし、使用するのは、主に1年生で、長くても2年生までと認識しています。

 

短期間の使用にも関わらず、多くの区立小学校において毎年保護者が購入し、名前シールを貼る作業が発生しています。

 

この算数セットを学校の備品とし、みんなで使用すれば、購入や名前書きの負担もなくなります。

 

また、小学生の荷物が多いと問題になっている今、学期始め、学期末の持ち帰りの荷物を減らすこともでます。

 

アンケートによると、北区立小学校のうち2割は備品化され、皆で使用されています。

 

この件をFacebookに投稿したところ、

 

おはじき等の一つ一つに名前シールの貼り付けがしんどい

 

1・2年しか使わず、プラスチックゴミはもったいない

 

ものを大切にする心を育てたい

 

みんなで使えば良い

などなど、反響も大きいところでした。

 

北区議会での訴えにより、区の教育委員会から校長会でご提案しいただき

 

学校レベルで検討し、
なんと、改善していただけた学校があったので紹介します。

 

全ての学校の状況を把握することは難しいのですが、ある小学校では
全て購入していた算数セットを

 

・ブロック
・計算カード
・時計

 

の3点のみの購入としていただけました✨

対応策として
ブロックとおはじきについては機能が似ているためブロックに統合。

 

また、プリント教材や学校の既存の教材で代用するなど、
先生方が検討し対応してくださり

これまで何十年も同じ手法をとっていたことが

ようやく、変わりました。

 

少し細かいところもあるかもしれませんが、誰かが訴えなければこの先ずっと変わらない。

 

私は、そんな細やかな部分も、しっかりと声を上げていきたいと思っています。

 

教育委員会から話を聞いて終わりではなく、実際に検討し、実行に移してくださった小学校に感謝いたします。

 

なお、前回の北区議会(令和2年11月)で訴えた集金袋の現金回収廃止、キャッシュレス化についても、校長会で周知していただけることになっています。
https://komazakimiki.jp/5081/

 

これまで当たり前だったことも、見直し、先生も子どもも保護者もより有意義な学校生活が送れるようにアクションをとっていきたいと思います。