緊急事態宣言下だからこそ命を繋ぐ食の提供を 〜あおぞら子ども食堂あゆみ@北区東十条

3度目の緊急事態宣言により、多くの子ども食堂が休止を余儀なくされました。

 

本来ならば、そんな時だからこそ開催が必要ですが止むを得ません。

先日、低所得のひとり親の方々に対し、お子様一人当たり5万円の臨時給付金が支給される旨のお知らせを行いました。

東京都北区 新型コロナ支援 低所得のひとり親世帯等に臨時給付金を支給‼︎ 児童一人5万

 

しかし、中には

 

「緊急事態宣言で休業、時短営業によりシフトが大幅に削られ、またもや収入が激減してしまった。
家賃が払えない。

5月19日の支給日には間に合わない。どうしよう。」

 

等々のお声もいただいています。

 

ひとり親の方には、非正規雇用の方も数多くいらっしゃるため、想像以上に生活困窮は深刻さを増していると感じました。

 

中でも食糧は、命をつなぐ必要不可欠なものであり、フードパントリーやフードバンクは大切な活動であります。

 

私がお手伝いしている王子神谷の「フードパントリーららら」と東十条の「子ども食堂あゆみ」は、東京青年会議所(JC)北区委員会の同期、一般社団法人SHOINの仲間が運営してくれています。

 

子ども食堂が開催できないことから、キッチンカーにてテイクアウトを配布する取り組みは、本当に素晴らしいと思います。

北区東十条の常住寺駐車場をお借りし、前回は、王子のTAGENさんのカレーライスを。
今回はドミノピザさんからピザをご提供できました。

 

ご協賛いただける企業さんもありがたいですね。

 

なお、会場での子ども食堂が再開するまでは、キッチンカーを用いたテイクアウトを継続予定とのとです。

 

私自身も、生活困窮世帯に対する支援策について検討しつつ

現場で耳を傾け汗を流す活動も、微力ながら続けて行きたいと思います。

 


 

平時の子ども食堂あゆみ

 

◆お申し込み(事前申込制)

ayumi

 

◆日時
第2.4水曜日
18:30〜19:15
※18:30にお越しいただき、即食事可能

 

◆場所社会福祉法人あゆみ
北区東十条6-5-19

 

☆フードパントリーららら☆

◆日時
毎月第 2・4 水曜日
18:00~20:30

◆会場
ファミーレららら (北区神谷2-37-13)

◆申込み kodomoshokudo.ayumi@gmail.com

◆持参証明 「児童扶養手当受給者証」「ひとり親家庭等医療費受給証」のいずれか(その他応相談)

◆持ち物
食品を持ち帰るための大きなカバン
※対象者は、基本的にひとり親家庭ですが、ご相談に応じますのでご希望の方は問い合わせください。

 

主催・お問合せ
一般社団法人SHOIN事務局
https://shoin-tokyo.com/