東京都北区議会に登壇‼︎小中学生の荷物が重すぎる‼︎重いランドセル問題

令和3年6月の北区議会も
こまざき美紀は登壇します!

 

議員の個人質問は任意ですが、私は一度も欠かしたことはありません。

 

課題解決のチャンスに果敢に突っ込んでいきます!

 

今回の3つのテーマのうちの一つが
小中学生の重い持つ問題。

約2年前、ランドセルが重い(中身含む)問題について、SNSに投稿したところ、大きな反響がありました。

 

当時、小学三年生の娘が
「ランドセルが重くて背中が痛い」
と言い始めたのがきっかけです。

 

ランドセル荷物の重さが5k超え。

 

体重20キロなので1/4ほどの重さがありました。

中学生も同様です。
10キロを超える荷物で身体を壊したお子さんもいます。

 

ここで、国の方針はどうなっているのでしょうか?
文科省では、平成30年9月6日付けの通知により、児童生徒の携行品の重さや量の配慮を行うよう、置き勉(使わない教科書や資料を学校においていくこと)も含め、関係各所に注意が促されました。

 

しかし、まだまだ、子どもたちの負担が続いています。

 

更にこの度、国のギガスクール構想により北区から児童生徒にパソコンが配布されました。

私が令和3年2月の北区議会一般質問にて要望していた内容が叶い、パソコンに連絡帳機能が搭載され、プリント添付機能も今後、使用される予定です。

 

ICT化が進み、喜ばしいことですが、子どもたちは毎日パソコンを持ち帰ることとなります。

 

パソコンの重さは1.3キロ。

 

子どもたちには、さらなる負荷がかかってしまいます💦

北区として、再度、小中学校に対し、置き勉について周知してもらいましたが、未だに7キロ近くの荷物を持つ小学生もおり、荷物に関してご相談も多くお受けします。

 

肩が痛いと湿布を貼りながら、治療している小学生もいます。

 

同じ問題意識を持つ友人が調べてくれたのですが

 

アメリカ小児科学会のホームページによると小学生のバックパックについて、体重の10〜20%を超えると、身体のダメージが大きいとのことです。

 

北区の多くのお子さんは、その基準を超える重さの荷物を毎日背負って、登下校しています。

 

子どもたちの健やかな成長のために、この問題をなんとかしたいと思い、2点を訴えます。

 

❶小中学校において置き勉のさらなる徹底

すべての先生が、子どもの身体のダメージを理解し、荷物軽減の徹底を

 

❷ランドセル以外の「リュック」での登下校を当たり前に選択できる環境を

(写真はアメリカでの登下校専用リュック)

 

続きは、来週6月15日(火)
北区議会議場へ、ぜひ傍聴にいらしてください‼️

 

10時開始ですが、
私は2番目なので10時半ごろの登壇予定です。

 

他2つのテーマについては、特集として引き続きアップします!

 


🌸北区議会傍聴受付🌸

 

北区役所第一庁舎4階 区議会事務局

 

東京都北区王子本町1-15-22
王子駅北口改札 徒歩5分🚶‍♀️

 

🏠詳細は北区ホーページ👇
https://www.city.kita.tokyo.jp/gikaijimukyoku/kuse/gikai/annai/shitsumon/r3-02.html