新型コロナ自宅療養中の食事はどうする?食糧支援(配食サービス)のご案内

家族感染等で、外出ができず療養中の食料調達が困難な場合が想定されます。

まだまだ知らない方が多いのですが、実は東京都では、自宅療養者に対し約1週間の食料を配送するサービスを行っています。

北区において自宅療養された方々から
「知っていたら利用したかった」
等のお声をいただき、私の方からも周知させていただきます。

 

 

◆申請の流れ

❶地元の保健所に申し出る
(保健所からの初回のご連絡の際に依頼するのがタイミング)

❷地元の保健所から東京都へ申請

❸東京都フォローアップセンターと提携する事業者から配送


 

8月上旬ごろ、一時は自宅療養者の急増により、配達遅延という報道もありましたが、現在は基本、依頼後2日でお届けできる体制が整っていると東京都のご担当に確認しました。

 

北区では、9月3日時点で、残念ながら保健所等から療養者へ連絡する際に、食料支援が必要かどうかの聞き取りまでは行っていないそうです。

 

つまり、必要であっても、ご自身から申し出なければ食糧をいただけないということです。

 

この制度について知らない方も多いため、北区保健所等から療養者に連絡を取る際に、食糧について必要かどうか聞き取りを行うようご要望させていただきました。

 

水と食糧は生きていく上で最低限必要なものです。

 

必要な方に漏れなく届きますように。

 

(※添付写真は東京都福祉保健局ホームページのスクリーンショットです)

 

詳細は東京都福祉保健局ホームページ
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/jitakuryoyoshafollowupcenter.html