赤羽駅前での自転車走行が危ない‼︎路上駐車が常態化への安全対策

自転車が車道を走行する際には、道路交通法により、横断歩道にある歩行者用の信号機ではなく、基本的には車道用信号機の表示により走行することとなります。
(これ、あまり知られていないですね💦)

 

北区赤羽駅そば、ララガーデン前の大きな交差点の車道を自転車走行する際に、車道用信号機の表示に従う場合、車に巻き込まれそうになり、命の危険を感じることがある旨のお声をいただきました。

 

なお、自転車は道路交通法上は基本的に車道を走行こととなっていますが、この辺は標識表示により歩道も走行可能となっていることを警察の方に確認しました。
その際は歩行者用の信号機に従うこととなります。

 

更には、赤羽駅Beansガード下の道路と交差する富士ガーデン西側の通りにおいて、路上駐車が常態化しており大変危険とのお声を複数いただいていました。

 

路上駐車については、この近隣を通る際に見かけないことはないくらいの状況で、私自身も危険を感じていました。

 

車道を走行する際には、路上駐車により自転車が車道の真ん中を走行することとなり大変危険なのです。

 

こちら二案件について赤羽警察署に伺い、ご担当に相談し、さまざま検討していただきました。

その結果、以下3点を実施していただいています。

 

 

❶ララガーデン交差点の信号機付近に赤羽警察署と北区の連名にて「左折車は自転車に注意」の看板設置2箇所

 

❷ガード下とランプキャップさん前に警視庁からの「違法駐車禁止 運転者等が乗車中でも取締りを行います」の看板を3箇所設置

 

❸路上駐車の見回り・取締り強化

 

ご相談に伺った際に、警察の方から苦情が多いとのことで逆に依頼があったのは、特に子乗せ自転車の走行についてです。

 

・夜間は明るい色の服を着ること
・自転車に反射板を増やすこと
・時間に余裕を持った走行を(スピードの出し過ぎ注意)

 

この3点について周知を依頼されました。

 

私を含め日頃から子乗せ自転車を使用する方々も気をつけて走行し、自転車・自動車ともに交通ルールを守り安全な走行を心がけていきましょう‼️

 

赤羽警察署、北区職員の皆様、ありがとうございました🙏✨