3月20日が投票日 戸田市長選挙は現職市長 すがわら文仁候補へ‼︎

戸田市長選挙は本日が最終日。
明日、3月20日が当開票日です。

 

私は、現職の戸田市長 菅原 文仁候補を応援しています。

 

私が戸田市役所に勤務していた頃から、戸田市議、埼玉県議、市長と、そのお仕事ぶりを拝見してきました。

 

その頃から一貫して、市民本位の政策実現にむけ、ひたすら市民の声をきき、誰よりも顔が見える活動をされてきました。

 

当選しても変わらず、駅での街頭活動や活動の発信を続け、市民に熱心に分かりやすく市政を伝えて来られました。

 

この選挙期間中、私は度々応援に駆けつけました。

市長は冷たい雨の日も自転車で戸田市の隅々まで駆け抜け、アツく政策を訴えて来られました。

 

 

在宅の方や子どもたちが次々と市長にエールを送り、市長はお一人お一人と丁寧に言葉を交わされていました。

 

市民からの絶大な信頼を目の当たりにし、市民と接する真摯なお姿を見て、このような方が首長にふさわしいと心から思っています。

 

すがわら市長候補は、選挙期間中にもかかわらず、ウクライナの難民を早期に受け入れ、住居を提供するご英断を下されました。

 

細かい方法など決まっていなくても、とにかく受け入れの表明をすることが大事だ、と決断されたそうです。

 

また、先日の福島県沖地震の際にも、すぐに市役所に向かい、職員とともに停電の把握・復旧に努め、徹夜で市民の安全の確保にご尽力されました。

 

こうした有事には、柔軟でスピード感ある決断力、行動力が求められますが、その全てを兼ね備えている方です。

 

更には、本日の選挙戦最後の演説で、私は心を打たれました。

「市長をしていると、毎日決まった人としか会わなくなり市民の声が自分に届かなくなることが心配だ。

しっかりアンテナを立てて声を聞いていく。

また、長く市長を勤めていて自分が間違った方向にいきそうになることもあるかもしれない。

もし、そのようなことがあれば、皆さんに自分を戒めてほしい。」

と。

 

 

なんて真っ直ぐで心の綺麗な方なのだろう。

自分の足で地域を周り、市民の声を聴く市長。

 

私は心からすがわら市長を信頼し尊敬しています。

 

そして私は、彼の想いや信念を貫く姿勢を見習い、彼のような政治家を目指しています。

 

ここで、私からのお願いです。

 

私の投稿を見てくださった戸田市の皆様、戸田市を愛し、全力で戸田市民のために動く、すがわら文仁候補へお力を貸してください。

 

どうか、戸田市長選挙は「すがわら文仁」に一票賜りますよう、心からお願い申し上げます。

※公職選挙法により3月19日23時59分以降は「シェア」や「いいね」をお控えください。