東京都北区立小学校 水着は量販店で購入可能!学校指定や店舗指定が原則なくなった件

もうすぐ学校のプールが始まる季節ですね🏊‍♀️
保護者の皆さんも水着の準備を行う時期です。

 

ここ数年、コロナ禍で水泳指導の機会もほとんどありませんでした。

 

新品状態のままサイズアウトし、買い替えが必要となることも珍しくありません。

そこで、量販店で購入可能なスクール水着やスイミングスクール等での競泳用水着についても代替可能として欲しいというお声を多々いただいてました。

 

そして、令和4年3月の北区議会予算特別委員会での質疑により、原則安全性に問題がなければ量販店等のスクール水着も使用可能な旨、区からご回答がありました。

早速、保護者の方から、水着の学校指定がなくなりましたとご連絡をいただいています☺️

 

皆様のお声から、区立小学校の学校指定品とその販売について、利便性を高めることができたので、質疑を一部抜粋してご紹介します。

(※中学校においても同様との区の見解)

 


 

【テーマ1:学校指定品について】

 

各学校において品目を指定され購入する、いわゆる学校指定品についてですが、細かい指定により保護者にご負担をおかけしている例が多々あります。

 

例えば、水着です。

 

量販店等でさまざまなスクール水着が良心的な価格で販売されていますが、学校指定があり、比較的高額なものを購入しなくてはならない学校が複数あります。

 

ここ数年、コロナ禍で水泳指導の機会もほとんどなく、新品状態のままサイズアウトし、買い替えが必要となることも珍しくありません。

 

量販店で購入可能なリーズナブルで一般的なスクール水着、または別途使用しているスイミングスクール等での競泳用水着についても代替可能として欲しいというお声を複数いただいています。

 

このことについて、水泳指導に適した範囲内で認めていただきたく、各学校に依頼していただけないでしょうか?

 

◆区からの回答概要

安全面の観点から水中での動作がしやすいものが適しており、安全性に問題なければ量販店等のスクール水着も使用可能。各学校に確認する。

 

 

【テーマ2:学校指定品の販売店について】

 

区立学校で学校指定品の販売が、1店舗の独占販売であることへの苦情が多々あり、そのお店がオープンしている時間帯になかなか買い物にいけないなどの問題が生じています。

 

商店街の活性化や学校と地域の関わり合い等に配慮が必要な一方で、保護者のご負担を避けなくてはならず

店舗数拡大や量販店での販売もご検討いただくよう、各学校に依頼していただきたいのですがいかがでしょうか?

 

 

◆区からの回答概要

保護者が購入しやすいように学校の近隣にある店舗を指定している。

あくまでも私費会計での購入であり学校が決めることだが、店舗拡大等について学校に周知する。