最後は「ありがとう」と言いたい

今日は選挙戦最終日でした。

もう、疲労困憊で、一歩も歩けないくらい疲れました。

でも、私は今とても心がいっぱいです。

それは、多くの仲間が力を貸してくれたから。

今日も、朝の駅頭、桃太郎、演説会、マイク納めと、次々に友人たちが来てくれました。

夜中近くまで、赤羽駅西口で、みんなで「明日は選挙に行きましょう」と言うだけの挨拶を、友人たちが7,8人集まってやってくれました。

もうありがたくて、ありがたくて。

この選挙は、私にいろんな大切なことを教えてくれたと思います。

人の大切さ、ありがたみ、あたたかさ。

この仲間たちの、仲間たちの家族や子ども達が笑って暮らせる地域にしたい。社会にしたい。

この町の全ての子ども達が、親たちが、人々が、幸せに暮らせるように支えたい。

今日は疲れすぎてて頭がもう回っていなくて深夜に書いたラブレター的な内容になってしまっていますが、明日の結果が終わったらまた振り返りたいと思います。

本当にみなさん、ありがとうございました。

結果はどうなるか分かりませんが、皆さんのおかげで一週間、走り抜けられました。

ありがとう。