障害児・者も外食を楽しめる北区にしたい! 〜NPO法人スマイリーサンの取り組み

「家族で外食をして同じお店のお料理を食べる」

 

多くの方が、それを当たり前のことに感じていると思います。
しかし、そうでない方々もおられるということにハッとしました。

例えば重度の障害がある方や
ご高齢の方で
硬いものが食べられない方

 

刻んであるもの、柔らかいものしか食べられない方がいらっしゃいます。

重度心身障害児にも
食べることが困難なお子さんがおります。

 

舌の動きのトレーニングが必要であり

健常児が離乳食で獲得する舌の動きを何年も訓練して獲得する場合もあるのだそうです。

 

外食は諦めるか、お子様だけ食べやすく加工した食べ物を持参するとお聞きしました。

そのような中、
重度心身障害児のママさんたちの団体、NPO法人スマイリーサンの皆様が

 

「そんな状況をなんとか解決したい!
家族で外食するという夢を叶えたい」

 

という想いのもと

 

刻んであるお料理(刻み食)や柔らかくしたお料理(ソフト食)に対応できる飲食店とそのマップ作りについて

 

北区政策提案協働事業にご提案されたのでした。

 

北区政策提案協働事業となった
「障がい児・者の外出、外食を支援する共生の街づくり事業」とは、

 

北区と協働し、北区内にある飲食店で形態食(きざみ食・ソフト食)を提供して頂き、障がい児・者が容易に外食をできる機会を増やし、充実した生活を送れる社会を目指すもの。

 

3年間かけて出来る限りの店舗へ導入していただき、WEBやペーパーベースでの情報を公開します。

 

私も、その思いにとても共感し、胸を打たれました。

 

そこで、私にもできることはないかと
車椅子の入るスペースが確保でき、かつ協力していただけそうな飲食店にお声がけをしたところ

北区赤羽の鉄板焼きせをりぃさんが、快諾してくれました。

 

広島焼きなど鉄板焼きの美味しいお店なのですが、それ以外もマスターの様々な創作料理が美味しいお店です😊

初回打ち合わせを秋に行い、
実現の可能性やメニューについて話し合いました。

 

その後、スマイリーサンのママたちと、せをりぃのマスターとで商品の開発を重ね、1月30日、撮影会に漕ぎ着けました。

 

見てください‼︎
見た目も美味しそう!

 

ソフト食、刻み食共に試食させてもらいましたが、どちらも美味しくて驚きました👀✨

 

とろみのついたお味噌汁は、みたらしのようでした。

 

ご協力くださった
せをりぃさんに感謝いたします🙏✨

ご家族は、こうして手の込んだ食事を作っておられ、毎日のこととなると本当に大変な作業と思います。

 

私自身も微力ながら、この活動に関わることができ、嬉しく思います。

 

店舗のご協力は、
1店舗目の十条のダイニング街なかさん

に続き2店舗目となりましたが、その後も着々と協力店が増えているそうです😊

 

もしご協力いただけそうな飲食店さんございましたら、NPO法人スマイリーサンのお問い合わせ窓口までお知らせください。

 

店内でのお食事だけでなく、テイクアウトでのご協力も有難いそうです。

どうぞよろしくお願いいたします‼️

 

◆NPO法人スマイリーサン

公式ホームページ
http://smiley-sun.org/

 

公式フェイスブック
https://m.facebook.com/smiley3.sun/

 

※撮影用にマスクを外しています