東京都北区赤羽西6丁目ママたちが立ち上がった 「子ども達を安全に登校させたい」対策の実現

北区立桐ヶ丘郷小学校にお子さんが通われているママから初めてご相談があったのは、一昨年2019年の春ごろ。

 

「登校時間帯にトラックがスピードを出して走行する道があるため、
保護者が安全な場所まで毎日登校の付き添いをしている。

スピードを落としてもらえるような対策が欲しい。」

 

とのことで、当時
現地を確認し
電柱に「スピード落とせ」の巻き付け看板を設置していただきました。

https://komazakimiki.jp/2943/

 

その後、改善傾向は見られたものの、相変わらず事故が多発する交差点があり
「なんとかしたい!」
とママたちが立ち上がりました。

 

ご近所のママ同士が打ち合わせを重ね

北区の担当課の職員や私と
現場を丁寧に確認し

どこにどんな対策が必要かを
検討しました。

 

さらに、ママたちは
安全な通学路の実現のために
署名活動を行い、180名近くの想いを担当課に届けました。

担当課に代表のママが署名を手渡した際

 

「子どもが事故にあう姿を絶対に見たくないんです。

だからなんとかしたいと思っています。」

 

と、想いを伝えられ
これまで活動されてきた様子を知っているだけに、目が熱くなりました。

 

私は陰ながら、ママたちのご要望と北区からの提案をすり合わせる橋渡しのお手伝いをさせていただきました。

 

そして、皆さんの想いがようやく形になりました。

 

実現した対策としては3つです。

 

①緑色の「文」マークの電柱巻付け看板 を4箇所

 

②通学路の黄色の看板設置を1箇所

 

③危険な交差点の注意喚起を行うための赤色の路面表示2箇所(令和2年度 3月施工)

 

 

ママたちの溢れる想いを目の当たりにし

 

「こうして子どもたちを想った勇気あるアクションにより
区政を動かすこともできるのだ」

 

と改めて思いました。

 

悩み事を抱えていても
「変わらない」
と諦めてしまったり

忙しくて我慢してしまいがちです。

しかし、アクションを起こすことで変わることもあります。

長期戦でしたがママたちのアクションに拍手を送りたいと思います✨

 

これらの対策により、通学路の安全性が向上し、子ども達が安心して通学できることを願います。