東京都北区 新型コロナワクチン追加接種(3回目)の最新情報‼︎

最近の新型コロナ感染者は大きく減少しており、収束の兆しが見えてきています。

 

しかし、第6波の懸念もある中、引き続き、ワクチン接種の促進や抗体カクテル療法のほか、日本でも経口治療薬の年内実用化に向けた手続き等が進められており、多面的な対策が必要です。

 

東京都北区における新型コロナワクチン接種については、希望する多くの区民の方々が接種を完了されています。

 

そのような中、9月に開催された厚労省の分科会において、3回目接種の必要があり、時期は2回接種完了から概ね8か月以上後とするのが妥当との見解が示されました。

 

北区の追加接種(3回目接種)等の進め方について、第54回危機管理対策本部(11月22日開催)においてご報告がありましたのでお知らせいたします。

 


 

❶追加接種(3回目接種)への対応

 

(1)対象者
2回目接種を終了した18 歳以上の方で概ね8か月以上経過した方

区内高齢者施設等に入所中の方:
1、2 回目接種と同様に施設内で行うとともに、要介護者等への移動支援を引き続き実施

 

 

(2)接種体制
これまでと同様に、ワクチン接種センター、基本型接種施設、サテライト型接種施設の3類型で実施。

※今後の動向によってはモデルナの集団接種会場を設置する可能性あり。

 

 

(3)接種券の発送

2回目接種を終了した方のうち、概ね8か月を経過する者を対象に順次発送。

最初の発送は、主に医療従事者を対象に11月22日を予定。

また、高齢者への発送開始時期を1月と予定しているが、一部前倒しになる可能性もあり。

 

(4)接種の予約

これまでと同様に、コールセンター、web サイトから予約する方法で実施。

ただし、令和4年2月から接種が始まる高齢者の予約に備え、同時期に支援体制を大幅に拡充する。

 

👇

◆拡充内容

📞コールセンター受電回線の増強
50 回線 → 100 回線(倍増)

 

☎️ワクチン担当課事務室でも電話による予約支援を実施

 

💻区民施設(区内 8か所)で対面での予約支援を実施

北とぴあ、区役所第一庁舎、赤羽会館、滝野川会館、浮間区民センター、滝西区民センター、上十条区民センター、桐ケ丘やまぶき荘高齢者あんしんセンター

 

❷1・2回目接種への対応

 

(1)接種体制
1.2回目接種の希望者や新12歳の対象者は、3回目接種の体制の中で引き続き接種を行っていく。

 

(2)接種勧奨
予約の不要のワクチン接種の勧奨や外国人への個別の接種勧奨などの取り組みを引き続き実施することで、接種率の底上げを図る。

 

❸ワクチンパスポート・接種記録証明書の発行

発行事務については、国から詳細が示されていないが、接種済証を紛失した希望者等からの申請に基づき、原則郵送により発行。

ただし、至急発行が必要な場合など、やむを得ない事情がある場合には、北区保健所の1階で直接発行。

 

※ワクチンパスポート:海外渡航を前提とした接種を証明するもの

接種記録証明書:国内利用を前提に接種済証紛失者等に交付するもの

 

❹今後のスケジュール

 

◆11月
令和3年11月22日 接種券の順次発送

 

◆12月
上旬 追加接種の開始(医療従事者から)
中旬 北区ニュース(10 日、20 日号)で周知
接種記録証明書の発行体制の構築

 

◆令和4年
1月 高齢者へ接種券の発送を開始予定
7月 追加接種の終了予定

🌸関連リンク

●危機管理対策本部の議事内容はこちら

(上記は11月22日開催の内容)
https://www.city.kita.tokyo.jp/bosaikiki/korona2.html

 

●3回目の新型コロナウイルスワクチン接種について
​​https://www.city.kita.tokyo.jp/wakuchin/third_dose_vaccine.html

 

●プレスリリース
https://www.city.kita.tokyo.jp/koho/kuse/koho/hodo/press-releases/r0311/211124-1.html